考察・深堀記事

辻井伸行さんは何がすごい?盲目のピアニストと呼ばれない理由を考察

投稿日:

辻井伸行さんは、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで日本人初の優勝しましたが、一体何が凄いのか?知らない人が多いようです。

実際に、検索エンジンで辻井伸行と検索すると、「辻井伸行何がすごい」というキーワードがでてきますが、よくよくみてみると、辻井伸行さんのすごさを解説しているサイトがほとんででてきませんでした。

辻井伸行さんのファンとしては、辻井伸行さんの凄さを解説しているサイトがほとんどないというのは残念な気持ちになります。

そこで今回、辻井伸行さんのファンであるライターが辻井伸行さんのすごさを感じ、彼の演奏を通じて感動を味わってもらいたいと考えています。

辻井伸行プロフィールを紹介


名前: 辻井 伸行(つじい のぶゆき) 生年月日: 1988年9月13日 出身地: 東京都豊島区

家族構成: 父親は産婦人科医、母親は元アナウンサー

健康状態: 出生時から小眼球症により全盲の状態

教育: 筑波大学附属盲学校(視覚特別支援学校)小学部を卒業後、東京音楽大学付属高等学校(ピアノ演奏家コース)を経て、上野学園大学(演奏家コース/ピアノ専門)を卒業。

職業: ピアニスト、作曲家

主な成果: 2009年にヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝。この快挙により、日本人として同コンクール初の優勝者となる。

辻井伸行さんは、生まれながらの障害を乗り越え、その才能と努力により、国際的なピアニストとして名を馳せました。

辻井伸行さんは何がすごいのか?


辻井伸行さん何がすごいのかという疑問に対する答えは、クラシックに関心があまりない方を感動させる特別な力がある点ではないでしょうか?

実際に辻井伸行さんの演奏を聴いたことがある方なら納得できる方も多いのではないでしょうか?

一般的にプロと呼ばれるひとは、人を感動させる力がありますが、そのテーマ、ジャンルに興味がある方を魅させる力があるひとです。

人間は好きなものしかみない傾向にあるため、クラシックにあまり興味がない人には、そのすごさがつたわらないものですが、辻井伸行さんのピアノはクラシックをあまり聞いたことがない方でも、感動を与える力がある点です。

彼が単なる「盲目のピアニスト」と言われないところではないでしょうか?。

音色と演奏です。観客を引き込む力がある点です。

彼の音色の美しさが人々を魅了する能力にあります。同じピアノを使っていても、彼が奏でる音色は聴衆の心を掴み、感動を生みだすことができるのが魅力です。

ヴァン・クライバーンさんは辻井さんの本質を見抜いていた?

辻井伸行さんの凄さでもっとも有名なのが、2009年に彼が20歳の若さで達成したヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールでの優勝です。

ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールとは、世界でも最も権威のあるピアノコンクールの一つであり、世界中から才能ある若手ピアニストが参加するコンクールです。

辻井伸行さんは、日本人及びアジア勢としてこのコンクールに優勝していますが、コンクールの主催のクライバーンさんからは、「クラシック音楽に普段関心がない方々も、コンサートホールを訪れ、生の音楽を体験してもらいたい」という願いを伝えられましたといいます。

事実、辻井さんのコンサートでは、普段クラシックに疎遠な人も来場されるとよく言われており、クライバーンさんの託した演奏家になっているのではないでしょうか?

なぜ、辻井伸行さんは人を感動させる演奏ができるのか?

辻井伸行さん何がひとを感動させる演奏ができるのか?それは彼の天性の音楽的才能と考えるしかない気がします。

理由は、辻井さんの幼少期にエピソードにある気がします。

辻井さんがわずか2歳3ヶ月の時に、母・いつ子さんが歌う『ジングルベル』に合わせておもちゃのピアノで伴奏をしたことは有名なエピソードとして知られていますよね。

人間は経験を積めばある程度のことができるようになると思いますが、誰にも教わらず、生後8ヶ月の頃から音楽への特別な何かを表現できていたとなれば、生まれもった才能と言わざるおえません。幼少期には、ショパンの「英雄ポロネーズ」を聴いて喜んでいたようです。

辻井伸行さんは何がすごい?家族の力

辻井伸行さんの卓越した才能と彼が達成した音楽的成功は、彼自身の努力だけでなく、彼を取り巻く家族の強力なサポートシステムによって生まれたことも忘れてはならないと思います。

辻井伸行さんは、生まれつきの視覚障害でしたが、彼の家族はこれを障害と捉えることなく、辻井さんが持つ可能性を最大限に引き出す機会と考えいたようです。

普通の家族では考えられませんよね。

母親は辻井さんが幼い頃から音楽に興味を示したことを受け入れ、彼の関心を全面的にサポートしました。

このような環境が、彼の天賦の才を開花させる土壌を提供しました。

  • この記事を書いた人

コルトナ

はじめまして管理人のコルトナです。このブログは、ビジネスマン・フリーランスを対象にビジネス、経済で役立つ情報をおとどけするブログです。

-考察・深堀記事

Copyright© 原作・探究ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.