考察・深堀記事

葉加瀬太郎なにがすごい?日本で最も有名なバイオリストの一人になった理由を考察

更新日:

葉加瀬太郎さんは、日本が世界に誇るバイオリニストですが、葉加瀬太郎なにがすごい?を思われる方も多いのではないでしょうか?

ここでは、葉加瀬太郎さんのすごさを解説します。

葉加瀬太郎氏の経歴・プロフィール


葉加瀬太郎さんは、1968年1月23日に大阪府吹田市で生まれ、国際的に活躍するヴァイオリニストであり、作曲家、音楽プロデューサーとして有名です。

葉加瀬太郎さんの代表作には、誰しも一度は聞いたことがある「情熱大陸」が最も有名です。

4歳からヴァイオリンを習い始め、中学2年のとき西日本コンクールで2位入賞。

東京芸術大学に入学した後、葉加瀬太郎さんは竹下欣伸さん、斉藤恒芳さんとともに「クライズラー&カンパニー」を結成し、音楽界にその名を知らしめました。このグループは、クラシックとポップスの境界を越えた音楽で人気を集めました。

また、セリーヌ・ディオンとの共作「トゥ・ラヴ・ユー・モア」が大ヒットし、彼女のワールドツアーに3年間参加しましたことでも有名です。

2017年現在はロンドンに在住しています。妻はタレントの髙田万由子さんで、お二人の子供がいます。

項目 内容
名前 葉加瀬太郎
生年月日 1968年1月23日
出身地 大阪府吹田市
現住所 ロンドン(2017年現在)
身長 178cm
職業 ヴァイオリニスト、作曲家、音楽プロデューサー
代表作 「情熱大陸」
家族 妻:髙田万由子、2児の父

葉加瀬太郎なにがすごい?


クラシックとポップスという二つの異なるジャンルを融合

一般の方にはわかりずらいと思いますが、葉加瀬太郎さん最大の功績はクラシックとポップスという二つの異なるジャンルを融合させ、全く新しい音楽のスタイルを切り開いた点ではないでしょうか?

一般にクラシックとポップスと言えば、水と油といった側面があります。

歴史が深くオーケストラに代表される本物志向の少数派のクラシックと、時代時代によって音楽性がかわり、大衆にうける比較的ノリの軽いポップス。その二つを融合させ、新しく道を切り開きヒットさせた点が葉加瀬太郎さんが凄い点だと言えます。

なぜ他のアーティストにできなかったのか?

なぜ、他のアーティストは葉加瀬太郎さんのように、クラシックとポップスを融合させ、新しい独創的な音楽を確立できなかったのでしょうか?

それは、クラシックとポップスに精通したアーティストが少なく、高いレベルで二つのジャンルを融合させることができなかったためです。

とくにクラシックは、音楽的なセンスと創造性が非常に高く求められるため、葉加瀬太郎さんのようにクラシック音楽を信条としてきたバイオリニスト、音楽家でないと葉加瀬太郎さんのように活躍するのは難しいのかもしれません。

葉加瀬太郎に多大な影響を与えたセリーヌ・ディオン

セリーヌディオンが葉加瀬太郎さんに与えた影響は大きいようです。

PAGEの記事よると、葉加瀬太郎さんは、ポップス音楽に対して若干の抵抗感を持っていましたようでです。理由は、もともとクラシック一筋だったこともあり、大衆的で親しみやすいポップス音楽は、自分の目指す音楽、志向とは異なるものと捉えていたようです。

しかし、セリーヌ・ディオンとの共同作業を通じて、彼は「ポップス中のポップス」としての音楽の価値と魅力を感じたようです。

セリーヌが見せる、広く大衆に受け入れられ、愛されるポップス音楽の力は、葉加瀬にとって新たな発見だったようで、セリーヌは、どんなにシンプルでベーシックなテーマであっても、それを深く感動的に表現することで、聴衆と強い感情的なつながりを築いていると実感したようです。

この経験を通じて、葉加瀬太郎さんははポップス音楽が持つ普遍性と共感性、幅広い聴衆に対するアプローチの重要性を学び、心に響かせ、深めることにフォーカスしていったようです。この変化は、彼の後の音楽活動において、より広い聴衆を意識した作品を創出する基盤となったようです。

葉加瀬太郎なにがすごい?のまとめ

葉加瀬太郎さんの何がすごい?かを解説してきましたがいかがでしょうか?
葉加瀬太郎さんのすごいところは、クラシックとポップスの融合により新しい音楽スタイルを確立した点です。

セリーヌ・ディオンとの共作を通じ、ポップス音楽の普遍性と共感性の重要性を学び、異なる二つのジャンルを高いレベルで組み合わせ、広く受け入れられる音楽を創出したことにあります

  • この記事を書いた人

コルトナ

はじめまして管理人のコルトナです。このブログは、ビジネスマン・フリーランスを対象にビジネス、経済で役立つ情報をおとどけするブログです。

-考察・深堀記事

Copyright© 原作・探究ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.