考察・深堀記事

葬送のフリーレン過大評価されている?他のアニメと違うところを考察

更新日:

葬送のフリーレンはアニメ化前から注目作品であり、第14回マンガ大賞、第25回手塚治虫文化賞新生賞、第69回小学館漫画賞受賞作です。アニメ放送前から評価が高いアニメでもありました。

ただ、アニメ化放送後、葬送のフリーレンと聞くと、ネット上には「過大評価されている」という意見を見かけるようになってきました。

しかし、葬送のフリーレンのファンからすると「過大評価されている」わけではなく、魅力が伝わっていないだけといった意見もあるようです。

葬送のフリーレンは、その革新的な物語構成、魅力的なキャラクターの深い描写、そして美しいアートワークによって今までのアニメにはない芸術的な価値を持っています。

今回は、なぜ「葬送のフリーレン」が過大評価されているとは言えないのか、その3つの魅力を具体例を交えて詳しく探っていきましょう。

葬送のフリーレンとは?


葬送のフリーレンをご覧になったことがないひとに、まず葬送のフリーレンの概要をご説明します。

『葬送のフリーレン』は、勇者一行が魔王を討伐した後の世界を描くファンタジー漫画であり、山田鐘人による原作とアベツカサによる作画です。

小学館の週刊少年サンデーに連載されています。2020年4月28日の22・23合併号からスタートし、2023年12月現在までに12巻が発売されています。

第14回マンガ大賞、第25回手塚治虫文化賞新生賞、第69回小学館漫画賞受賞作です。

項目 内容
作品名 葬送のフリーレン
ジャンル 少年漫画、ファンタジー
原作・原案 山田鐘人
作画 アベツカサ
出版社 小学館
掲載誌 週刊少年サンデー
レーベル 少年サンデーコミックス
発表号 2020年22・23合併号 -
発表期間 2020年4月28日 -
巻数 既刊12巻(2023年12月現在)

葬送のフリーレンあらすじ


『葬送のフリーレン』は山田鐘人原作、アベツカサ作画のファンタジー漫画で、魔王討伐後の勇者一行の物語を描いている作品です。

10年間に及ぶ戦いの後、魔王を討伐した主人公のフリーレンと勇者ヒンメル、僧侶ハイター、戦士アイゼン4人は、魔王を倒し、王都への勝利の帰還を果たします、

数千年生きると言われるエルフのフリーレンにとっては、この冒険はほんの一瞬に過ぎず、50年ごとに現れる「半世紀(エーラ)流星」を共に観た後、再び50年後また見ようと誓い、フリーレンは間たちは別れを告げた。

50年後、勇者ヒンメルと再会し、彼の死後、フリーレンは人間を深く知るため、そして魔法を集めるための旅に出ます。

さらに20年後、フリーレンは戦災孤児のフェルンを弟子にし、故郷を失った仲間たちの記憶をたどりながら、伝説の魔法使いフランメの手記を追います。

この手記に導かれ、フリーレンは亡きヒンメルと再会する地、オレオールを目指し、新たな仲間たちと共に北方へ旅を続けます。本作は、冒険と友情、そして時の流れに対する深い洞察を描き出しています。

葬送のフリーレンは過大評価されている?


葬送のフリーレンは本当に課題評価されているといった件がありますが、この作品の真の魅力を深く理解すると、そのような見方は一変するかもしれません。

以下に、この作品が単なる過大評価ではない、その具体的な魅力を解説していきましょう。

葬送のフリーレンは過大評価ではない理由

葬送のフリーレンは、人類学的なテーマにした今までにないアニメ作品です。

葬送のフリーレンは、勇者パーティーが魔王を倒し、世界を救うという一般的なファンタジーのテーマを取り上げつつ、その後の長い時間を通じてどのように人々の記憶や文化が形成され変化していくかを描いている作品です。

人類学、人間の歩みの象徴の魔法使いエルフのフリーレンは、1000年以上生きる長寿であり、一緒に冒険し魔王を打倒した勇者とその仲間が自然の寿命で亡くなっていく中、長きにわたり生き続けます。

この物語は、フリーレンが目の当たりするものが、人類の歴史そのものであり、人にどうように受け継がれ、どのように変わり、伝わっていくか?フリーレンの冒険を通じ感じることができる作品となっています。

葬送のフリーレンは歴史の本質を描いた作品

『葬送のフリーレン』は、後世の人々が勇者について想像し、独自の物語を紡ぐ様子を通じて、歴史や英雄のイメージがどのように形成され、変化していくかを描いた作品でもあります。

歴史の真実をテーマにする作品は、しばしば私たちに過去の出来事をどのように解釈し、理解すべきかという問いを投げかけまが、記録された歴史が常に客観的な真実を反映しているわけではなく、勝者の視点、時代の価値観、または後世の人々の解釈によって形成され、変化していくのが現実です。。

フリーレンを通じ、人類の歴史が忘れ去られた人々の物語、抹消された出来事、そして異なる視点からの解釈を変化させ、歴史が単一の真実ではないことを理解させてくれます。

葬送のフリーレンは単なるバトル漫画ではない

『葬送のフリーレン』は、勇者一行の魔王討伐後の物語を中心に描かれている作品ですが、

その本質はバトルや冒険の描写を超えた深いテーマにあります。フリーレンというキャラクターを通して、人生観、時間の流れ、そして人との関係性に対する深い洞察が展開されています。

この物語の特徴は、魔法使いフリーレンが物語開始時点で既に圧倒的な力を持つ最強の魔法使いとして描かれている点です。通常の少年漫画が成長と強敵との戦いに焦点を当てるのに対し、『葬送のフリーレン』ではバトルそのものよりも、フリーレンがどのように生き、どのように人生を考え、仲間や過去とどう向き合うかという人生観に焦点が置かれています。

また、エルフであるフリーレンが非常に長寿であるため、人間の短い生涯とは異なる時間感覚を持っているという設定は、物語に独特の視点をもたらしています。作中で月や年が簡単に経過することは、彼女の長い寿命を通じて見る人間世界の移り変わりや、時間の流れに対する無頓着さを表現しています。

葬送のフリーレンは過大評価のまとめ

葬送のフリーレンが人類学的なアプローチをしている作品だったと考えると、「葬送のフリーレン」が過大評価されているという見方は、この作品の真の価値を見落としていると言えるのではないでしょうか?

革新的な物語の構成にあなたは、この作品の持つ深い魅力と意味を理解できるはずです。

  • この記事を書いた人

コルトナ

はじめまして管理人のコルトナです。このブログは、ビジネスマン・フリーランスを対象にビジネス、経済で役立つ情報をおとどけするブログです。

-考察・深堀記事

Copyright© 原作・探究ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.