考察・深堀記事

千と千尋の神隠しのモデル温泉旅館本当はどこ?真相を確かめてみた

投稿日:

『千と千尋の神隠し』は、宮崎駿監督による日本のアニメーションファンタジー映画。世界的に評価された傑作ですよね。

主人公の10歳の少女・千尋は、両親と一緒に引っ越し途中、不思議な世界に迷い込み両親がに変えられてしまうところから物語が始まります。この映画は、様々な困難に立ち向かいながら成長していく千尋の物語であり、彼女の勇気と成長が中心のアニメです。

千と千尋の神隠しのモデル温泉旅館本当はどこ?

千と千尋の神隠しモデルの温泉は実在するのでしょうか?

ネット上には、千と千尋の神隠しのモデルになったという温泉地はかなりありますよね。

一例をあげみると、

  • 銀山温泉(山形県)
  • 鎌崎温泉(宮城県)
  • 四万温泉(群馬県)
  • 渋温泉(長野)
  • 道後温泉(愛媛県)
  • 羽合温泉(鳥取県)

これ以外にも、YAHOO,GOOGLEで「千と千尋の神隠しのモデル」と検索すれば、数多くの温泉地や旅館がでてきます。

千と千尋の神隠しのモデルとなった本当の温泉・旅館は?

千と千尋の神隠しモデルの温泉は、一体どこなのでしょうか?はたまた実在するのでしょうか?

ジブリ公式サイトを調査してみました。過去に千と千尋の神隠しモデルの温泉地について回答があったようです。

ジブリのブログによると、湯屋「油屋」のモデルについて宮崎監督に直接質問したことがあったようです。

意外ですよね。

宮崎駿監督の答えは、「色々な温泉が入っていて特定のモデルはない」との回答だったようです。

正確には、千と千尋の神隠しに登場する温泉は、色々な温泉が入っていて1つの温泉のモデルではないとの回答だったようです。

Twitter上でも同じように宮崎監督は「色々な温泉が入っていて特定のモデルはない」と言っていると発表されています。

実際にネットで紹介されている千と千尋の神隠しのモデルとなった温泉地、旅館は一体なんなのでしょうか(汗)

千と千尋の神隠しのモデルになった温泉・旅館は本当にないのか?

では、本当に千と千尋の神隠しのモデルとあった温泉地はないのでしょうか?

ジブリのブログによれば、宮崎監督は千と千尋の神隠しに登場する温泉は「色々な温泉が入っていて1つの温泉のモデルではない」と言っていますが、一つだけモデルになっている温泉旅館があると回答しているようでした。

宮崎監督曰く、千と千尋の神隠しのモデルになった温泉は、「色々な温泉が入っていて1つの温泉のモデルではない」が、そのなかでも、愛媛県の道後温泉」だけはのモデルの中に入っているとのことでした。

宮崎監督は、道後温泉は千と千尋の神隠しを制作する上でもっとも参考にした温泉だったようです。

千と千尋の神隠し唯一のモデル温泉「道後温泉本館」

千と千尋の神隠しモデルの温泉として確実はのは、道後温泉です。

最も頻繁に名前が挙がるのは、道後温泉本館は、宮崎駿監督自身が言及しているように、映画における「油屋」の一部のインスピレーションは、この歴史ある温泉から得られたと言われています。

道後温泉本館の魅力はその独特な建築様式にあり、映画に登場する油屋の雰囲気を感じさせます。特に、浴場の神秘的な雰囲気や、建物の立派な外観は、映画の中の湯屋を思わせる要素です。

その証拠に、「スタジオジブリ絵コンテ全集13 千と千尋の神隠し」(徳間書店刊)で「カット番号733」(333ページ)に河の神様が出て行く大戸に「導後」という文字がはっきりと書かれています。

これは松山にある「道後温泉本館」を示唆しているのではないかと思われます。

道後温泉は、白鷺の伝説によって知られる日本最古といわれる温泉です。白鷺が傷を癒すために温泉を使用したことから発見され、神話や伝承にも登場する聖なる場所とされています。

歴史を通じて、聖徳太子や斉明天皇、平安時代の貴族から江戸時代の藩主松平定行まで、多くの著名な人物に利用されてきました。また、庶民にとっても親しまれ、身体と心の癒しの場となっています。

道後温泉本館 〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5番6号

 

千と千尋の神隠し温泉に似た旅館は?公式サイトの見解

ネット上には、、千と千尋の神隠しもモデルになったという温泉地はかなりあります。

実際ネット上でその温泉地情報が数多くあります。

銀山温泉(山形)

鎌崎温泉(宮城)

四万温泉(群馬)

渋温泉(長野)

羽合温泉(鳥取)

どれも千と千尋の神隠しにでてくる旅館ににていますよね。

実際、千と千尋の神隠し映画が公開され大ヒットした後、ジブリのブログによると、千と千尋の神隠しの公開後、全国の様々な温泉地から「うちがモデルではないか」という問合せがあったようです。

写真などみても、油屋に非常によく似た建物、正面に赤い橋が架かっていたり、大きな湖に面していたりする、映画にそっくりな湯屋も数多くあったようです。

また、千と千尋の神隠しにつかわれていた「油屋」と同じ屋号を持つ温泉旅館は国内に何軒もあったようで、中でも長野県の諏訪湖畔に建つ温泉は、映画の中の「油屋」と結構似ているたようです。

この問合せに対して、ジブリは宮崎監督が「特定のモデルはない」という以上、モデルにしたようではないと回答しているようです。

実際にこれらの温泉地に宮崎駿監督が訪れたことがあるのか否かについては、残念ながらわからないようです。

宮崎監督が「特定のモデルはない」と言っている以上それが正しいことなのではないでしょうか?

千と千尋の神隠しモデル「銭湯」

千と千尋の神隠しに出てくる「商店街の一角にそびえ立つ銭湯」に大いにインスピレーションを与えたのは、「江戸東京たてもの園」の「子宝湯」(こだからゆ)のようです。

子宝湯の建物自体は「油屋」のように巨大なものではなく、建物のイメージは幾分異なるたてものです。

千と千尋の神隠しモデル「効果音」

千と千尋の神隠しの効果音に協力したのは、草津温泉(群馬の)いわき湯本温泉(福島)のようです。

たた、音源のみの協力となっており、油屋のモデルとなってはないよです。

千と千尋の神隠しモデル温泉旅館のまとめ

『千と千尋の神隠し』は宮崎駿監督によるファンタジーアニメで、多くの温泉や旅館がモデルとされていますが、宮崎監督は特定のモデルはないと述べています。

愛媛県の道後温泉本館は映画の「油屋」の一部のインスピレーション源であると言われていますが、宮崎監督によると、映画に登場する温泉は色々な温泉を参考にしており、道後温泉は特に参考にされた一つです。

映画公開後、全国の様々な温泉地からモデルではないかとの問い合わせがあったものの、ジブリは宮崎監督の言葉を引用して否定しています。さらに、映画の効果音には草津温泉やいわき湯本温泉が協力していますが、これも油屋のモデルとなったわけではありません。

  • この記事を書いた人

コルトナ

はじめまして管理人のコルトナです。このブログは、ビジネスマン・フリーランスを対象にビジネス、経済で役立つ情報をおとどけするブログです。

-考察・深堀記事

Copyright© 原作・探究ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.